読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たっぷりきのこのボンゴレ

 < 材料(1人分) >

 ・スパゲティ・・・100g

 ・あさり・・・200g

 ・エリンギ・・・1/2本

 ・しめじ・・・1/2パック

 ・にんにく・・・1/2かけ

 ・白ワイン・・・1/2カップ

 ・オリーブ油・・・大さじ1

 ・バター・・・大さじ1/2

 < 作り方 >

 1.あさりは塩水につけて砂抜きして、殻をこすって洗います。エリンギはスライス、食べやすい長さに、しめじは小房に分けます。にんにくはつぶします。

 2.スパゲティを塩を加えた湯でゆでます。

 3.オリーブ油ににんにくを入れて熱して、よい香りがしてきたら、エリンギ、しめじを入れて炒めます。あさりも加えてひと炒めして、白ワインを加えてひと煮立ちさせ、ふたをします。

 4.あさりの口が開いたら、ゆであがったパスタ、バターを加えて、塩、こしょうで味を整えます。

 <ポイント>

 ★あさりは、すぐに硬くなってしまうので、煮込まないことです。いったん、フライパンから出して、入れなおしてもいいでしょう。

 ☆白ワインは、辛口のほうがよいでしょうね。

 <その他>

 キノコ類について

 きのこの王様「ポルチーニ」を筆頭にイタリアでは様々なきのこが取れます。採りたてのきのこはグリルにしてオリーブオイルをかけて食べたり、数種類のきのこを組み合わせてオリーブオイルで炒めるトリフォラートもおいしいです。

 ただし、ポルチーニを使うときは単品にして、他のきのこ混ぜ合わせないほうが美味しいと思います。

 ミートソースの隠し味のドライ・ポルチーニを水で戻したもの刻んで、戻し汁の上澄みと一緒にいれるのも風味が増すのでおすすめです。

 <あさりの塩抜き>

 網つきのバットを使用するといいです。これで、吐いた砂を吸い込まないので上手に出来ます。

 バットにだいたい水500cc程度、塩大1を入れ、塩をよく溶かす。

 軽く洗ったあさりを入れ、あさりが顔半分くらい出るように塩水の量を調節します。バットに箸を渡し、新聞紙をかぶせる。

 暗い方が砂をよく吐き出してくれます。

 スーパーで買った物でしたら1時間以上、潮干狩りで採ってきたたものでしたら最低3時間以上は置いときます。

 冷蔵庫に入れていたものでしたら、少し長めに置いてください

 あさりは顔を半分出して下さい。全部水につからない方が良く吐き出します。

 <ヒント!>

 きのこ類と「めんつゆ」で和風パスタが簡単にできます。

 パスタの茹で汁(お玉に軽く1杯ぐらい)とめんつゆを加えて。

 バターを加えれば、立派な和風パスタの出来上がり。