読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2月がおわりますねー

今日は2月の最終日ですね。

1月は最悪でしたが、2月も最悪。何もない!何も進展しない!

相変わらずの毎日です〜

気持ちは上向きですが、状況はかわらず・・・

ちょっと焦りすぎなのかもしれません。

今週は病院にいく日があります。

心療内科と内科です。

内科では念のための検査でMRIの撮影があるようで

大変そうなのでうつです。

汚い話ですが、「検尿」もたぶんあって

あんまり出ないのでいつも苦労します。

あーつまんない

心療内科の先生にひたすらグチって憂さ晴らしします。

心療内科の先生にも内科の先生にも全部洗いざらい話しています。

内科の先生は東京の病院が本拠地なので

そこでも見てもらえます。そこで見てもらえばいい。

くそ佐久中央病院(臼田という僻地にあって電車でもいきづらい)なんて

いかなくていいのです〜♪

来週、「公営住宅」の抽選があります。

佐久市の、底辺的な見た目の底辺住宅と、

上田市の前に通学に通っていたすごい坂の途中のマンションの4階。

という、アレな感じのところですが

なんと上田市の当選確率は50% 2組しか応募がなかったとのこと。

これは当たるかもしれない。

でも、こういうところでも外れるのが僕です。

ドイツにただで行けたところで運は使い果たしたのです!

外れてもなんでも、僕の目標は変わりません!

長野から出る!東京に行く!そして仕事して音楽活動をやる!

それで決まりです。

親には、公団のためかどうかはわかりませんが、「軽井沢のホテルで住み込みのアルバイトしたい」というと「無理だ」と断られました。

ガチガチ頭の老人なので、ダメだといったら言うことはきかないと思い

諦めました。

でもおかしいですよね?「働きたい働きたい」と何度も言っている、負担をかけたくないというのもあるし、山の中でずっと一人。これでは頭もおかしくなります。

もし、働けていたのなら東京への資金もためられますし、軽井沢から新幹線で休日に東京へ面接もいけました。そういう目論見もありました。

一度、はっきり父親にいいます。

それも抽選結果によります

上田の4階エレベーターなしか、地獄の佐久(場所も不便)か

佐久が当たって上田が落ちたらどうしよう。

どちらも外れてくれた方が、僕は良いのです。

ここで仕事を探して、面接にいって、それで仕事を決めるのです。

でも、駅までには父親にお願いして送迎してもらうしかないのです。

ただ、公団が当たれば、上田駅佐久平駅から新幹線、または高速バスが出て、そこには自力でいけます。

今までの目論見は全て泡となって消えました。

でも、もう限界です。限界なのです。

そろそろ決着をつけないと・・・

その時期は近づいてきているのです。過去最大に!

あーほんとに早く早く

解放されたい