読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

影響のランキング

大変な政権になってから数々の差別意識の高い発言によってもアメリカの評価に左右される重大な記録として残っていくことなるのかもしれない

総理は「腹を割って一緒に仕事ができる相手だと直感した」とおっしゃっていた。

少しの時間だけでアメリカ国内と日本の温度差はマヒして免疫も現場の状況も知らない世間を知らない事が多くある実情の日本ではアメリカ国内の不安が広がる中で抗議や批判の渦は深層心理にたどりつくまでの意外性は天井知らずかもしれない

「真実は、我が国はかつてなく分断されています」。この言葉で始まるCMは、白い背景に黒い文字で描かれる「真実は」に続く文言が「代替的事実とは嘘です」などの内容に次々と切り替わり、「真実は難しい」「真実はかつてなく重要になっています」という言葉で終わる。

イヴァンカ・トランプの商品はトランプ氏の強く言うようにアメリカ国内でつくられているのかの真実として知りたいと思う気持ちにもなるのかもしれない

粗雑に扱えばあとで大変なことも実感するニュースに差別的に扱えば扱うほどのこれまでにない政権に後での注目される頻度が高くなってダメージもエスカレートする状況につながっていくのも偽ではないニュースによる時代の世相かもしれない

アメリカの大統領のトランプ氏はゴルフでいえば飛ばしすぎで抗議やデモに相次いでいるのも最も安定した後のオバマ氏の方向性と違っては何をやってもやりやすくなっているような状況で混乱する国内分断傾向になり専門家であったショービジネスでのクオリティ性は宝として残せるのも日本でも学ぶ過程で政治家は政治に商売人はビジネスと何もかもできる人とはかけ離れてプロによるところのクオリティの高さが宝として残せるのかも今後並行していくのかもしれない

*****掛介麻久鍼畏伎伊邪那支大神

*****筑紫乃日向乃橘乃小戸乃阿波岐原雨

*****禊祓閉給比志時雨正里坐世留

*****祓戸乃大神等諸々禍事罪穢

*****有良露牟呼婆祓閉給比清米給閉登中須事手

*****聞食世登恐美母白須

オバマ前大統領夫妻の回顧録、出版契約競争に決着

米紙ニューヨーク・タイムズ、大統領に攻撃され購読者増加

全米で銃持つ黒人が急増、トランプ政権で不安増大

トランプ大統領、新たな入国禁止令への署名を急きょ延期

Barack Obama: “my final ask”

From:4X IMPACT (via DCCC)

発信元:dccc.org

To:rinebow611@yahoo.co.jp

2017/2/28, Tue 16:47

Do you remember what President Obama said when he sent you his final ask?

He told us that we have to keep fighting:

I need you with me to continue to fight. -President Obama

That’s why we’re asking for your help.

We could hit a whopping 25O,OOO grassroots gifts to protect his legacy -- but only if 2 more Democrats from 90013 step up.

Will you answer President Obama’s call to action and pitch in $1 before midnight?

ALL GIFTS TRIPLE-MATCHED

Triple match your $1

Triple match your $35

Triple match your $50

Triple match your $100

Triple match your $250

Or triple match another amount

Thank you,

DCCC

I need your help

From:Keith Ellison

発信元:democrats.org

To:Ezakifirst Name: Nobukolast Name:

2017/2/28, Tue 15:30

DemocratsJoin us.

Pitch in before midnight tonight to help us reach our 60,000 donation goal:

DONATE

Ive never had any doubt in my mind about what it means to be a Democrat.

Were the party of everyday people in every zip code and from every background. We stand with working people who deserve a living wage. We fight to protect health care as a right that is guaranteed to every American. We demand that corporations and the wealthy pay their fair share.

But although our ideas are right and our values are just, we didnt motivate enough people to get to the polls in 2016. And because of that, our party suffered some heartbreaking defeats.

Today, that all changes. Were on the path back to standing up for every single American.

Its going to take all of us coming together to take back our country -- thats why I was proud to stand with Tom Perez and accept the job of Deputy Chair of the Democratic Party. If youre with us, pitch in $3 or more before midnight tonight to show youre ready to rebuild.

Our pledge to you is that the Democratic Party will leave no stone unturned. Were going to organize in all 50 states, all 3,143 counties. We will compete for every vote and give every Democratic voter a reason to show up at the ballot box.

Together, were going to win back school boards, state legislatures, and Congress. And well beat Trump and take back the White House.

Tom and I know we can do it, because weve both seen what Democrats can accomplish when we work together towards a common goal.

But we dont have a person to spare or a moment to waste, so I need you to have some skin in the game. Were looking for 60,000 grassroots donations before the February deadline at midnight. Chip in $3 or more before then to help Democrats get ready for the fights ahead.

If youve saved your payment information, your donation will go through immediately.

QUICK DONATE: $3

QUICK DONATE: $10

QUICK DONATE: $25

QUICK DONATE: $50

QUICK DONATE: $100

Or donate another amount.

Thanks -- now lets get to work.

Keith

Keith Ellison

Deputy Chair

Democratic National Committee

AUTO-CONFIRM: [E. Nobuko (02/28/2017)]

From:FINAL-NOTICE@dccc.org

発信元:dccc.org

To:rinebow611@yahoo.co.jp

2017/2/28, Tue 11:41

We hate to email you again, but you have 18 MISSED MESSAGES to renew your Democratic Membership.

This is the FINAL NOTICE OF YOUR 2017 DEMOCRATIC MEMBERSHIP STATUS before tonight’s End of Month Deadline.

Final Notice Ezaki Nobuko

2017 Membership: PENDING

Our huge End of Month Deadline hits at midnight -- and we’re woefully behind on our goal.

That’s why top Democrats have reached out for your help:

Barack Obama emailed you TWICE! Leader Nancy Pelosi emailed you 12 TIMES! James Carville emailed you 4 TIMES!

This is your FINAL NOTICE to renew your membership before deadline hits in just 11 hours.

Pitch in $1 now:

ALL GIFTS TRIPLE-MATCHED

Triple match your $1

Triple match your $35

Triple match your $50

Triple match your $100

Triple match your $250

Or triple match another amount

Thanks,

DCCC

RE: read now (don’t delete)

From:John Lewis

発信元:dccc.org

To:rinebow611@yahoo.co.jp

2017/2/23, Thu 15:10

I emailed you.

Nancy Pelosi emailed you.

And now I’m emailing again.

It’s because the special election in my home state of Georgia is so important.

I know grassroots Democrats are fired up!

(And the Republicans are terrified because this could be President Trump’s first big loss.)

But we can’t come out on top unless we keep this momentum going.

We still need 2 gifts from 90013 before midnight -- will you pitch in $1 to defeat Republicans in Georgia and around the country?

Chip in $1 immediately

Chip in $35 immediately

Chip in $50 immediately

Chip in $100 immediately

Chip in $250 immediately

Or donate another amount

Thank you,

John Lewis

オバマ前大統領夫妻の回顧録、出版契約競争に決着

03.01

米出版大手ペンギン・ランダムハウスは2月28日、オバマ米大統領夫妻との間で出版契約を結んだと明らかにした。書籍は2018年に発売される可能性が高いが、正式な日程は決まっていない。今回の発表前には英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が複数の出版社の間で契約獲得競争が起きており、金額は6000万ドル(約68億円)を超えると報じていた。

ペンギン・ランダムハウスバラク・オバマ氏とミシェル・オバマ氏の書籍に対していくら支払ったのかは明らかになっていない。FTによれば、米大統領の回顧録としては過去最高水準の金額という。ペンギン・ランダムハウスによれば、オバマ夫妻は出版によって得られた収益の多くの部分をオバマ財団を含む慈善事業に寄付するという。ペンギン・ランダムハウスオバマ家の名前で100万冊の本を寄付するという。

オバマ氏は以前もペンギン・ランダムハウスから書籍を出していた。報道によれば、別の出版社クラウンはジョージ・W・ブッシュ元大統領の回顧録の権利を約1000万ドルで獲得していた。

米紙ニューヨーク・タイムズ、大統領に攻撃され購読者増加

02.27

ニューヨーク・タイムズの読者数がトランプ氏のツイートのたびに急増しているという

米国のトランプ大統領が繰り返しメディアに浴びせる攻撃のおかげで、米紙ニューヨーク・タイムズの購読者が増えているという。CNNの26日の番組に出演した同紙編集長は、トランプ大統領による攻撃を「何よりだ」と評した。

ニューヨーク・タイムズ紙のディーン・バケット編集長は、CNNの番組で司会者からトランプ大統領がツイッターで繰り出す発言の影響について尋ねられ、「大統領がツイートするたびに購読者が大幅に増える」と語った。トランプ大統領は同紙に対して何度も矛先を向けている。26日のツイッターではアカデミー賞発表の中継で同紙が放送を予定しているCMについて、「落ち目にあるニューヨーク・タイムズが初めて、低下する評判を救うために広告(悪いやつ)を出す。正確で公正な報道に努めろ」と投稿した。トランプ大統領は過去にも、「数千人の購読者」が同紙を離れていると主張。これに対して同紙は、事実に反すると繰り返し反論していた。

バケット編集長は、大統領による攻撃を受けて同紙の使命は「かつてなく鮮明になった」と強調。「この2カ月で報道機関にとってはとてつもない出来事が起きた」「我々は、政府およびこの国の政治のあり方における劇的な転換を取材している」との見解を示した。

全米で銃持つ黒人が急増、トランプ政権で不安増大

.02.28

全米で銃持つ黒人急増、トランプ政権に不安

米国でドナルド・トランプ氏が大統領に選出されて以来、アフリカ系米国人の銃愛好家団体の会員数が前年同時期の倍のペースで増えている。銃の購入者も黒人が目に見えて増加傾向にあるという。

全米アフリカ系米国人銃協会(NAAGA)には、大統領選挙でトランプ氏が選出された昨年11月以来、これまでに9000人が加入した。同団体の設立は2015年2月28日。同年11月から16年2月にかけての加入者は4285人にとどまっていた。

ドナルド・トランプ氏が会員数に影響を及ぼさなかったと言えば嘘になる」とNAAGAのフィリップ・スミス会長は言う。現在の会員数は全米24支部で1万8000人を超えた。

新しくできた支部の1つは、大統領選挙の投票日翌日からわずか1週間後に設立され、66人が加入した。支部長によれば、トランプ陣営の集会で起きたアフリカ系米国人に対する暴行や、支持者がソーシャルメディアに投稿する憎悪発言を受けて不安が高まったことが、新しい支部設立の動機になったという。米国で憎悪集団が台頭していることも、NAAGAの会員が増えた一因だとスミス氏は説明する。

銃販売店の客層にも変化が現れている。フロリダ州オーランドで銃販売店を営むジュニア・ジョセフ氏によると、これまでの客層は白人男性が大部分を占めていたが、昨年の大統領選挙以来、銃を買い求める黒人やラテン系の客が増えたという。オハイオ州の銃販売業者ケビン・ジョーンズさんも、黒人の客が増え、特に年配の女性客が目立つと指摘した。

一方、バージニア州にある販売店の店員は、銃を買い求める女性は増えたものの、アフリカ系米国人の客が増えている様子はないと話している。黒人が銃を持てば危険を招きかねないこともある。ミネソタ州では昨年7月、黒人男性が交通取り締まりの警官に車を止められ、銃所持の免許を持っていたにもかかわらず、射殺される事件が起きた。警官は殺人などの罪に問われている。

それでもNAAGAの会員増加は止まらない。新しい会員に占める割合は黒人女性が最も多いという。仕事を退職し、障害を持つ女性のアントニエッテ・シングさんはこの5カ月で護身用に2丁の銃を購入した。過去に被害に遭った経験から、誰かに襲われたとしても銃があれば抵抗できるチャンスがあると考える。NAAGAでは銃の扱い方などについて講習を受けている。

同団体は全米で新しく銃を買った人たちを対象に、銃関連の法律や扱い方などについての講習会を開いている。テキサス州で銃販売店を営むマイケル・カーギル氏も最近、黒人女性100人のグループから、銃の安全性と正しい撃ち方を教える講習会を開いてほしいと依頼されたという。カーギル氏は銃への関心が高まっている理由として「ホワイトハウスの状況」を挙げ、「アフリカ系米国人などの社会では、人々が自分たちの身の安全に不安を感じている」と指摘。そうした状況は「ここ何年も見たことがなかった」と語った。

トランプ大統領、新たな入国禁止令への署名を急きょ延期

.03.01

トランプ大統領が新たな入国禁止令の署名を延長

トランプ米大統領イスラム圏からの渡航者や難民への入国禁止令に関する新たな大統領令に署名する予定を延期したことが分かった。署名は1日に予定されていた。

トランプ政権の高官がCNNに語ったところによると、署名延期は28日の深夜に決まった。

トランプ氏は28日夜、初の議会演説で明るい未来へ向けた結束を呼び掛けたことが、全体として好意的に受け入れられた。だがこのタイミングで新たな大統領令を出せば、評価が一転する事態も予想される。同高官は署名の「時機」を計ると述べるにとどまったが、延期を決めた要因として議会演説への高評価があることは否定しなかった。

トランプ氏が先月出した大統領令は、イスラム圏7カ国からの渡航者を90日間、シリアからの難民を無期限に、それ以外の難民を120日間、それぞれ入国禁止とする内容だったが、連邦裁判所の判断で執行が差し止められている。事情に詳しい情報筋が28日、「最終決定ではない」としたうえでCNNに語ったところによると、新たな大統領令では永住権(グリーンカード)や有効な入国査証(ビザ)の保持者が入国禁止の対象から外される。

元の大統領令には、他国で迫害を受けている少数宗派の受け入れを優先するとの文言があったが、これも修正または削除される見通しだという。またケリー国土安全保障長官は、空港などでの混乱を避けるため、新たな大統領令では発効までに導入期間を設けるとの方針を示している。一方で難民の入国禁止やシリア難民の扱い、受け入れ再開後の定員などが修正されるかどうかは不明のままだ。複数の情報筋によれば、トランプ氏は新たな大統領令への署名にともない、元の大統領令を正式に撤回する見通しだという。

だが大統領令の違憲を主張して訴訟を起こしている原告らは、今後も法廷闘争を続ける構えだ。訴訟を率いる人権団体、全米市民自由連合(ACLU)の弁護士は、トランプ氏の動機が宗教による差別にあることは明らかで、問題の核心に変わりはないと主張している。