読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NewCX-5下回り

NewCX-5とうふ号をリフトに上げて下回りをチェックしてみました。

足回りとホイールとのクリアランスが少ないので、

幅広いホイールは難しいかもしれません。

フロア下は極力フラットにしようとするメーカーの意図が見えますね。

燃費向上に貢献してるんだと思います。

がっつり車高の下がるスプリングを作りたいところですが

車検対応にしたいので40?ダウンで。

Gベクタリングコントロールのお陰でロール感は少ないので

バネレートはさほど上げなくてもいいと思ってます。

グリップに特化したタイヤを履くわけではないので

クルマのキャラを考えて、ほんの少しだけレートアップかなと。