読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きん太ときん太巻きと私

今までお店まで行くも2回続けて閉店していて入れなかった山形市七日町の「ごりら」さん。

3回目のチャレンジに向かったんだけどこの日も間に合わず( ´Д`)=3

着いたときにちょうど店を閉めてお店の方が出てきたとこでした。

ということで今回も別の店。

七日町の「きん太」さんにおじゃましました。

かなり久しぶりの訪問。前におじゃましたのは10年以上前だなぁ。

店内は年季の入った木造りで昭和の大衆居酒屋といった雰囲気。

店に入ってすぐのカウンター席へ。

奥には座敷席もあります。

カウンターの椅子は丸太をカットしたもの。

重くて動かすのに苦労しました(^_^;)

まずは生ビールと奴を注文。

メニューを見回しやっぱり焼鳥だろうということでネギマ、鶏皮、みそマヨの3本をオーダー。

早々に生ビールは飲みきったので追加で瓶ビールを注文。

そこへ焼きあがった焼鳥が到着。

この空間で焼鳥をつまみに瓶ビールを飲んでいると昭和に戻ったような気分に浸れます。

もうちょっと食べたかったので「きん太巻き」を注文。

オーダーを通す時の掛け声が「たまき1丁!」

なるほど、そういう縮め方するんだ。

語呂が良いねくて面白い呼び方だな。

どんなものなのか確認しないで注文したんだけど、出てきたものはベーコンでご飯を巻いた串焼きでした。

1串に2個刺してあり、2個のうち片方には大葉と梅肉入り。

味的には見た目通りの美味しさでした。

久しぶりにおじゃましたけど焼鳥を食べたいっていう人の期待を裏切らない味と雰囲気でした。

ごちそうさまでした♪

やきとり きん太

 山形県山形市七日町2-3-5

 電話番号 023-634-2266

 営業時間17:30~24:00

食べたものの価格

 生ビール(スーパードライ) 500円

 瓶ビール(クラシックラガー) 500円

 瓶ビール(一番搾り) 500円

 鶏皮(タレ) 110円

 ネギマ(タレ) 110円

 みそマヨ 160円

 奴 320円

 きん太巻 420円