読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学校の卒業式

金曜日は中三の長女の卒業式でした。

期待通り!遅刻しましたよ

_| ̄|○

最後の最後まで。

こっちは、4時起きして息子のキャラ弁作ってたのに。

7時まで寝ておいて、8時半に出発出来ないって何?!まったく!

とは、思えど

これからは私が長女を起こすことはなくなったので、一安心としましょう。

生徒は9時までに登校。

保護者は9時半から40分の間に体育館に入場。

だったのですが…

結局バスでなく

タクシーになっちゃったもんで、私は早く着きすぎました。

バスで行くなら、駅まで行ってコーヒー飲んでるから学校に行けばいいや。

と思っていたのですが…

なれないピンヒールで、遠くまで行って帰ってくるのも面倒で

(^_^;)

受付で、体育館に入れますかって、聞いても入っちゃいましたよ〜

たぶん、せっかちな人がいるはず。

と思って入ったら、既に3人来てました(笑)

長女が何処に座るのか分からなかったので、とりあえず1番前の真ん中に座ったのですが…

ふと、斜め右を見ると

すとぉぶが

さっそく、すとぉぶの1番近くの席に移動

( ´ ▽ ` )ノ

優越感に浸っていたら

式が始まるので、ストーブを片付けて下さい。

と、冷酷な教師の発言が

_| ̄|○

ちーん。

私は薄着だったので

寒くて大変でした(笑)

予報ほど、気温が上がらなかった気がします。

ドヤ顔で踏ん反り返っていた罰かしら_| ̄|○

寒空の下。(体育館だけど)

いざ、卒業式が始まりました。

校長先生の粋な計らいで、講台にカメラが設置され、証書授与を正面から見られました!

恐らく、ほぼ遅刻で卒業式の練習参加できていない長女は、証書を受け取った後。

階段の前で、立ち止まっていましたが(^_^;)

まあ、カメラは親としてとても嬉しかったので、二女の中学校でも取り入れてくれないかお願いしてみようと思います

( ´ ▽ ` )ノ

そして人数が少ないので、30分そこそこで卒業証書授与が終了後(笑)

短いなぁ。

と思っていたら、その後の有難いお話シリーズが長かった。

↑学校あるある。

言うまでもなく長い、校長先生のお話。

校長になって初めての卒業式だったらしく。

後で聞いたら、区長と元直属の上司も参列することになり、ドッキドッキだったらしく。

いつも以上に、長〜いお話が

(^_^;)

続いて教育委員会さま(笑)

長い長い(^_^;)

更に、珍しく最初から最後までいらした区長の、これまた長〜いお話。

これが、ストーブ撤去の理由でしたか。

ポカポカでは聞けないな

確かに(^_^;)

皆さん、とても良いお話は、されていました。

PTA会長は微妙だったけど(^_^;)

んー。話が下手?

そして在校生代表が金子みすゞを引用して観劇感激の辞を述べる。

1番感動したのは最後、卒業生からの答辞?

おそらく…学年トップの子が読み上げるのだと思いますが…

感激しました。

話も上手い、内容も濃い、最初と最後に一首ずつ

春の旅立ちについての俳句も盛り込まれており

何よりも、今日日こよのうに美しい日本語を話す人間がいたのかと

ご高齢の方と、お話をしていると

しばしば、日本語の美しさに圧倒されることはありますが…

これ、本当にうちの長女と同じ生き物(^_^;)?

と。

勝手な推測によると、読書量が多いのかなぁ?と。

語彙が豊富で…画数の多い漢字が沢山出て来そう(笑)

録画して、字幕つけたら長女は75%読めないし、内容の理解には至らないと断言できます!

うちの長女に訳してあげるなら、こうなります。

時間は大切。我々は勉強をする自由もあり、未来を考える事を許されている。これを幸せであると認識し、時間をかけて全力で勉強し夢を現実にします。

的なのをね。まぁ。

うっとりするような日本語で、述べる訳ですよ。

結論。

彼女は長女の友達では無いはず!

そして、蛍の光と校歌を歌って終了。

え?

集合写真撮らないんだ!?

親子で(^_^;)

色々違うなぁ。

その後、校庭で卒業生の見送りがあるので、出て下さい。

と言われ

よくわからないまま。

校庭へ。

体育館から、下駄箱のある昇降口までの短い花道?を歩いていくのですが…

小学校は在校生がアーチを作ってくれたんだけど(^_^;)

長女の中学校は、卒業生と先生が通るだけ

途中、自撮りやら何やら

出たり入ったり

進まない(^_^;)

終わらない

そして…謝恩会どこでやるの?

と聞いたら、同じPTAだったお母さんが

2時から、ホテルでやるみたいです!

と、プリント見せてくれました。

1月末に発行の(^_^;)

体育館で、弁当食べながらスライドショーではない事は理解しました。

中学校の謝恩会に続く!