読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お嬢さん

本日の映画は、「お嬢さん」です。

トーリーは、1939年、日本統治下の朝鮮で、朝鮮人でありながら、日本人と結婚し、貴族の仲間入りした上月(チョ・ジヌン)は、辺鄙な土地に和風の屋敷を構えていた。そして、両親を早くに亡くし、叔父の上月に育てられた華族令嬢の秀子(キム・ミニ)は、豪邸から一歩も出ずに暮らしていた。

一方、孤児であったスッキ(キム・テリ)は、生きるために詐欺師たちに育てられ、一端の詐欺師になっていた。そんなある日、詐欺師(ハ・ジョンウ)から、秀子が相続した莫大な財産を奪おうと持ち掛けられる。

そこで、詐欺師は藤原伯爵と名乗り、スッキは珠子と名乗り、上月に近づいていった。そして、珠子は秀子の身の回りの世話をしながら、事ある毎に、藤原伯爵と秀子の仲を取り持とうとしていた。

しかし、なかなか秀子は、藤原伯爵に馴染まず、珠子は純粋無垢な秀子に惹かれていった。だが、ある時から秀子が藤原伯爵と急速に親しくなっていき、珠子は動揺を隠せなかった。

そして、珠子は藤原伯爵から秀子と日本で結婚し、そのまま精神病院に入れて、財産を手に入れるという計画を打ち明けられる。そうして、秀子は日本に珠子も連れて行くという条件で、藤原伯爵と駆け落ち同然で、日本に行くことにしたが・・・。

“卑猥”という言葉がピッタリなサスペンス官能映画です。

パク・チャヌク監督が仕掛ける中盤の仕掛けから、俄然とエロさが増す物語は、聴覚に訴えるエロさですね。

これをテレビで放送するなら、放送禁止用語の羅列で、ピー音ばかりになるほどの卑猥な隠語のオンパレードでした。

それにしても、こんな読書会があったら、世の男たちはこぞって本を買ってしまう気がします。(笑)

まあ、DVD化されると、R18間違いなしの官能映画ですので、気になる方は今のうちに観ておいた方が良いですよ。