読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3月18日は無銭4現場回し<日食なつこ編>

3現場目は、枚方蔦屋書店。

普段まったく使わない京阪電車に乗り枚方駅へ。

蔦屋書店、初めて来たけど、新しくスゴくオシャレ♪

入り口にカフェスペース、その奥に本が並ぶ。

日食なつこのリリイベは一つ上の階。

エスカレーターで上ると、

そこは、女性をターゲットに据えた衣料、雑貨 が並ぶ。

うん、ヲタの来るところじゃないね(笑)

イベントスペースは見つけたが、何かクローズドのトークイベントをしている。

CD販売所が見当たらない。

とにかく、リリイベ開始の16時まで待つか。

…………………、

定刻となるとそれなりの人。

イベントは、CD購入者を優先しての着席制。

( ̄0 ̄;

あら、やっぱどっかでCD売ってたんかーい!

スタッフを捕まえ、CD確保。

なんとか着席できた。

天上にまで届く本棚。

これは、いろんな意味で期待できる(⌒∇⌒)

駄菓子菓子…………、

日食なつこ登場。

ステージのピアノの前に座る。

こ、これは、立ち見の方がよかったらかも

日食さん、見えんじゃん

まあ、音楽が聴ければそれで良しとしよう。

アイドルのリリイベじゃないからね(笑)

1曲目`水流のロック´

聴きたい曲、いきなりきたー\(^o^)/

PV見て気に入ってた曲。

実は去年の大阪、秋のライブハウスサーキットで、日食なつこを見る予定だったが、タイテや現場の位置関係で干したのよ←イベントあるあるね

早くも念願叶う(* ̄∇ ̄*)

2曲目は、サビの独自なフレーズ、

はーがねの心臓っ!

が耳に残る`マグマロープ´を披露。

これら聴いた感想。

ピアノの弾き語り。

やや低音の凛とした歌声。

発音の歯切れがよい。

ピアノの演奏も発音同様に歯切れよく、

ジャズテイストの早弾きがスゴくロック←変な日本語(笑)

間奏には、激情的に頭を激しく上げ下げしてピアノを弾く。

ただし、センターにマイクがあるので、それを避けるため、

左斜めにヘドバンしてるみたいな

MCに入る。

「皆さんようこそ、日食なつこです」

話し方も歌い方と同様、

いや、それ以上に、凛としていて発音が良い。

なんだろ、ベテランの女性キャスターみたいな

「今日ここは、韓国フェアの真っ最中なんですね。

私は韓国とはまったく関係ありません(笑)

韓国フェアに寄せようかとも思いましたが、自然体が一番。

だから、私はいつも通りライブを楽しんでしますので、

皆さんも、各自で楽しんでください」

なんか、馴れ合いを嫌う男前キャラ。

女子高で人気の先輩的な

ということで、変に煽ることも、

手拍子など一体感を求めることもなく、

演者と観客という立場を守ったままライブは進んだ。

ラストの曲。

日食

「最後は、私の地元のデパートが閉館することを知り書いた曲です。

皆さんにも子供の頃に行ったデパートの思い出あるんじゃないですかね。

そんな思い出を、重ね合わせて聴いてもらえたらと思います。

日食なつこでした、さようなら」

なんか、最後まで突き放すようなMCよな(笑)

で披露された`あのデパート´

涙腺緩みました

小さい頃、母親に連れられて来た大きなデパート。

きらびやかで特別な日にしか来れない場所だった。

大人になる。

車で向かう小さなデパート。

片道わずか15分の場所。

デパートの屋上から、町の景色を眺めると、いつだってあの頃に戻れた。

つぎの夏になくなってしまうあのデパートに。

そんな歌詞。

自分にもあったよ、そんなデパート。

もう今は、あべのハルカスという巨大な複合ビルになってしまったけれど………、

歌い終わると、日食なつこはこう言った。

「実はこの歌には後日談がありまして………」

なんと、日食なつこのこの歌、

そして、実際のデパートをロケ地にしたPVに、啓発を受けた地元の人たちの働きによって、

そのデパートが存続が決定。

リニューアルオープンするそうだ。

そして日食は、1月にこのデパートの食堂でライブをしたんだと。

音楽の力というモノを改めて感じた。

再び挨拶をして、日食なつこのフリーライブは終了。

このあとはサイン会。

すると、スタッフが律儀にも、整理番号順に並ばす。

サイン会まで、こんなことする現場初めてだよ(笑)

そういやライブ前に、

「私しか特典券ないんですけど、友達も一緒に優先席に座れますか?」

に、オッケー出してたよ、ここのスタッフ。

他の現場じゃあり得ない

もっと勉強して欲しいね、無銭現場の常識というモノを。

まあいいや(笑)

自分はレシートが整理券の代わり。

整理番号最後の人のすぐ後ろに並ぶ。

後ろを振り返れば、結構列できてるよ

ここの運営はいろいろ見謝っている(笑)

ようやく自分の番。

日食に接触(笑)

去年、ライブを見れなかったこと、

今日、`水流のロック´を見れて感動したこと、

`あるデパート´に感銘を受けた事を、

サインを書いてる日食なつこに伝える。

その度に顔を上げて、反応してくれる。

ライブ中は、ファンと一定の距離を置くような人との印象だったが、

一対一で話すとまた印象がかわった。

ちょっとギャップ萌え(笑)

次の現場が迫ってるけど(笑)

そのアーティストのいろんな側面を見れる、

やはり、サイン会参加して良かった(* ̄∇ ̄*)

おっと、時間がない

サインしてもらったCDをカバンにしまい、駅へと急いだ。

つづく。